FREXペダルシャフト曲がり対策

前の記事で「弱いところに力が逃げる云々」と書きましたが、今回そのしわ寄せが恐ろしいところに来ましたorz

FREXのブレーキシャフトが曲がっちゃいました。しかもかなりくにゃっとw

実は、届いて組立ててる段階で、力がかかる方向がおかしいな~これシャフト曲がるんじゃないかな~と危惧していたのですが今回その心配が的中w
仮に曲がりを修正して組み直しても、また曲がってしまうのは火を見るより明らかです。
よって根本的な対策を講じることにします。
この問題を解決してブログに書いてある方がいましたので参考に読ませて頂きましたが
「削り出しで一品物の部品を作りました」
ちょっwまてww高度すぎwww

うちにはNC旋盤とかボール盤とかありませんので考え方のみ拝借させて頂きました。
現在の状況ですが
20110829-1
こういう状況です。なんだかわからないのでシャフトを取り出すと
20110829-3
はい、残念です。一度くの字に曲がったものを慌てて修正してレースに出ましたのでちょっとに見えますが、これをまっすぐに修正するのは無理です。
というわけで上にある全ねじの棒に交換することにしました。
問題点は
20110829-2

赤がシャフトで緑がシャシーを止めてるボルトです。
両方貫通式ですから交差することができません。そのためシャシー側を貫通式にしてブレーキのシャフトを上方に逃して取り付けられるようにしてあるのですが、当然軸がずれてますからペダルを踏むと緑色の軸を中心に回転しようとします。ペダルへの入力が大きくなれば、その力を逃がすためにシャフトが曲がってしまうわけです。今回はこれの対策を考えます。
直角交差するように横方向のフレームボルトを2分割にし、それを支える剛体があれば良いわけです。先のブログの方は金属から削り出しで作ったわけですが自分の場合それは無理なので問題はそれを何でどうやって作るか・・・
20110829-5


うちで改造する場合
1 大規模な切削工作は不可(ドリルで穴あけくらいはおk)
2 ネジ立てるのとかめんどいから不可
3 本体の改造はしない
4 安く

ホームセンターで部材を色々物色します。サイズは全て測ってきましたのでネジなどの部品はすぐ揃いました。
しかし肝心のシャフトを交差させるところの部材が思いつきません。

で、うろうろしてるうちとんでもないものを見つけました。


「水道につかうVUパイプのフタ」

灰色のプラスチックでできたアレです。
25㎜用のフタの外径は38Φwフレームの間隔は40ミリですからほぼぴったりです。
帰ってきてあーだこーだやってみたところ

20110829-4

できちゃったw
とりあえず試作なので様子見ですがいい感じです。
あとは耐久性がどうかですね~

Comment

  • 大都カイ
  • URL

曲がったシャフトがハリガネムシみたいでワロタw

  • 72%
  • URL

大都カイさん
シャフト欲しい?送ろうか?w

  • sasurai
  • URL

塩ビ色がイカしてますね。
まあ運転時に視界に入る所じゃないから気にならないからOKかなw

  • 72%
  • URL

さすらいさん
イカしてるでしょーw機能を満たしてくれるなら色はどうでも良い性格なのでこれで十分おkなのですw

Leave a Reply










Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。