A delicate number

ロードバイクだったりクロスバイクだったり動画だったりするブログ。レースシムはお休み中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常陸国の神社めぐり 第六回 筑波山神社(つくば市)

急な出張仕事(しかも夜間の部)が入り、日中が暇になってしまいました。
しかも行き先はつくば市。

じゃ、頑張って行っちゃいますか!

てなわけで筑波山神社に行って、その後仕事することに。

途中に先日の稲田神社もあるのでもしやと思い再度お参りしてみると、今回は宮司さんがいらっしゃったので、御朱印を頂きました。

その後筑波山に向かいます。

今回はスイフトで。
20131202-12


筑波山は古代から信仰の対象となっており、その中腹に筑波山神社があります。

筑波山の山容が二峰相並ぶ(相耳峰っていうそうです)ため、それぞれに筑波男ノ神(つくばおのかみ)、筑波女ノ神(つくばめのかみ)が祀られており、延喜式神名帳では、常陸國筑波郡男ノ神が名神大社に、女ノ神が小社に列格しています。

男体山には伊弉諾尊、女体山には伊弉冉尊が祀られています。ここらへんのことは異説などありますが当ブログはそういうことを掘り下げる気はないので、興味をもった方は色々調べてみてくださいね☆

20131202-2

紅葉も盛りを過ぎ、観光客の数も少ないです。
とはいえ、場所によっては結構きれいなところもあったり。

20131202-10

拝殿です。
20131202-3

この神社には御本殿がありません。なぜなら筑波山そのものが御神体であり、各山頂に御本殿が鎮座しているのです。

だから、ちゃんとお参りするには各山頂まで行かなければいけないんです。

神社から徒歩で登って行くには訪問する時間が遅すぎなので、今回はやむを得ず文明の利器に頼ります。

若葉号です。
20131202-4

神社西側にケーブルカーの駅があり、各山頂の間の男体山寄りまで連れて行ってくれます。

楽してるだろって?いやいや、ケーブルカーの山頂駅から男体山頂までは
20131202-1

こんなトコ登ったりするのよ?

地元だけど登ったことなかったので軽装で来てビビってるんだよ?

んで男体山頂で御本殿にお参りします。

20131202-5

その後女体山に移動中ふと見ると
20131202-6

向かいの山頂に何かあるのがわかりますでしょうか?そうです、あそこまで行くんです。
がんばれ俺。

で、ヒイコラ言いながら女体山頂に到着です。
20131202-8

振り向くと
20131202-7

うん、俺頑張ったと思う。

で、御本殿にお参りして眼下を見下ろすと

20131202-13

高所恐怖性の人は無理かも。自分も結構玉ヒュンしましたw

両御本殿へのお参りだけでも時間かかります。ケーブルカーで行って1時間半くらい上に居ましたから。

他にも見どころがありますが時間の都合で割愛。後でまた再訪するつもりです。

下山もケーブルカーにお世話になります。もみじ号。
20131202-9

下山した後仕事です。近くの駅でイルミネーションやってました。キレイ!
20131202-14

20131202-11









| 常陸国の神社めぐり | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://72percent.blog16.fc2.com/tb.php/164-53398f91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。