A delicate number

ロードバイクだったりクロスバイクだったり動画だったりするブログ。レースシムはお休み中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常陸国の神社めぐり 第七回 立野神社(常陸大宮市・常陸太田市)

だいぶ寒くなって来ました。県北山間部は早めに訪問しないとやばいかも、と思い今回は立野神社にお参りします。

今回から小社と呼ばれる神社になるのですが、これが曲者で、論社、もしくは比定社と呼ばれる複数の神社があったりするのです。

まぁ、その各論を自分で紐解き、推察するのも楽しいのかも知れませんが・・・

今回の立野神社も論社となっています。

まずは常陸大宮市(旧那珂郡緒川村)上小瀬に鎮座する立野神社から。

シートの加工後乗ってなかったため様子見を兼ねてVFRで行きましたがまーた写真忘れたよ(・ω<)


20131213-8

御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)、級長戸辺命(しなとべのみこと)で、伊邪那美命が霧を吹き払ったその息から生まれた風の神様になります。

ちなみにこの神社の変遷も非常に興味深かったりするのですが、とーっても長くなるので割愛。佐竹藩から水戸藩に変わった事による政策の変更など、興味のある方は是非お調べください。

20131213-9
大きな道路からは少し離れており、旧村名(緒川村)の由来になっている緒川が崖下に流れる、台地に鎮座しています。
20131213-10
晴れては居ますが到着が早かったためかものっそ寒い><
家からそんなに離れてないんだからもっとゆっくり来ればよかったかも。

お参りした後に社務所に立ち寄り御朱印を頂きました。

20131213-11

さて、体が冷えてしまったので神社近くの物産センターで
20131213-2
カレー南蛮うどんをいただきまして、今度はもうひとつの論社とされている常陸太田市にある天満宮に向かいます。
事前調査によりますと、こちらは無人のようです。詳細がつかめませんでした。

天満宮ですので御祭神は菅原道真公になります。
この場所自体が『新國誌』という古書の『延喜年間之図』に、「立野社」と記された場所なんだとか。
そのため、天満宮(赤土鎮守様)としては元禄元年創祀にもかかわらず式内社となっているそうで。

到着してみると
20131213-13
お、おう・・・
土地の人達が守っている神社、という雰囲気です。手入れされており、地元から大切にされているようです。

お参りには気合が必要です。

20131213-3

20131213-1

20131213-4

20131213-5

これね、もう登山っすよ登山。
お社は山頂にあるわけですし。
猛烈な傾斜の階段と獣道かと見紛うような路を抜けてヒイコラ言わされながら辿り着いたその先に

20131213-7

20131213-12

20131213-14

山頂も木々に囲まれて見通しは悪いのですが、なんか雰囲気のある場所でした。

お参りして下山しますが、下りはもっと怖かったwww危ないwww

まぁ無理せず無事下山できましたが。

というわけで、今回は論社両方行ってみたわけですけど、今後論社すべてを回るかどうかは微妙なところです。

できるだけ回ってみたい気もするんですけどね、あんまり人の気配のない地元の人が守っている場所によそから伺うのは如何なもんかなと思ってみたり・・・












| 常陸国の神社めぐり | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://72percent.blog16.fc2.com/tb.php/165-98c7b5d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。