A delicate number

ロードバイクだったりクロスバイクだったり動画だったりするブログ。レースシムはお休み中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常陸国の神社めぐり 第十回 楯縫神社(美浦村)

千葉県北部ツーリングの帰り道、茨城県南は美浦村、阿見町の神社に向かいます。
常陸国信太郡(しだぐん)には2座ありまして、その両方をお参りする計画です。

楯縫神社、阿彌神社ともに論社があり、同じ町内に同名の神社が2つづつあります。
よって今回訪問する神社は4社、ということで。あーややこしい・・・

まず今回は信太郡一宮とされる楯縫神社をご紹介。

20140106-2


「信太郡惣社」とあります。惣社とは総社、つまり信太郡の地域内の神社の祭神を集めて祀った(= 合祀)神社と宣言しているわけで、もう一つある木原の楯縫神社より格上ですよと言いたいのでしょうか。

20140106-3
御祭神は経津主命です。武神です。
佇まいに威厳があります。あまり人気のない高台に位置するこの神社、周囲もそれほど栄えているようには見えません。
信太郡には木原城が美浦村木原にできるのですが、その際、武神である経津主命を祀る当神社を城下である信太郡木原に分祀遷宮した、なんて考えると両神社が存在する意味が見えてくる気もしたりしなかったり・・・

※勝手な想像ですよーw

木原にある楯縫神社に向かいます。
信太楯縫神社の宮司さんは木原楯縫神社の宮司さんと同じようです。その木原楯縫神社に向かいます。あーさらにややこしい。

20140106-4
街道のそばにあり、社号標なども立派です。
こちらは由緒書きに信太郡一宮とあります。
御祭神は普津主命とあります。字は違いますが信太と同じ御祭神です。
葦原中国を平定し終えた普津主が、帰る途中に此処に寄って楯矛を脱いだので、此の地を「楯脱ぎ」と言うようになり、「楯縫」に変じたと言われているそうです。地名の由来などもありましたが割愛。
20140106-5
拝殿西側に宮司さんがおり、そちらで御朱印を頂きました。
20140106-10


訪問前にいろいろ調べてから行くのですが、想像力を掻き立てられて面白いですよ。

| 常陸国の神社めぐり | 16:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://72percent.blog16.fc2.com/tb.php/169-4d05e337

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。